さらば!ダイエットリピーター

失敗から学んだ本当のダイエット

ダイエットデビューはピカピカの高校1年生

ダイエットに目覚めたようなそうでないような15才の春

子供の頃からぽっちゃりさんでしたが、「デブ」というほどでもない。

でも周りがダイエットしなきゃ!などと乙女ですから言い出す頃。

男の子に間違われるようなくらいボーイッシュで、スクール水着を母と買いに行ったら「海水パンツ」を店員さんが持ってきて母が「女です!!」って激怒。

スカートの下から下敷きで風を送るような男の子の視線なんて関係ない生活でした。

ダイエットなんて全く意識したことがなかったのですが、高校受験で中学三年の冬に受験勉強のストレスで(結構勉強したんですよ!)激太りです。

10キロくらい太りました。

冬の冬眠に備える子熊ちゃんのように。

推定65キロくらい。

さすがにやばい!

高校に入って初めてダイエットを意識しましたが、身体測定の1週間くらい前に「今日から何も食べない!身体測定で3キロ痩せてるはず!」

などという何の意味もないダイエット。

子供にだってプライバシーあるのに体重測るのが保健委員で○○キロです。とか皆に聞こえるしひどい話だ。

当然食べないから少し減ってるし、満足したからもうおしまい!

これ、何の意味もないですよね。我慢したぶん食べ損なっただけ

こんなことを繰り返してはいましたが、まだまだ若かったし、小学校の頃から水泳を続けていたので食べても超デブまではいかなかった。

この時の体重、55キロから59キロの間(大台には何とか届かないように!)

運動しているからこれは筋肉!って言い聞かせてました。実際筋肉量も多かったと思いますが。

当時の食生活を思い出せる限り思い出してみると

朝食➡トースト1枚&大好きなあらびきウインナーもしくは大好きなイシイのミートボール&たまご豆腐?(大好物だった)

ちなみにもうすぐ80歳になる母が、私が実家に帰ると今でもイシイのミートボールを買ってくれている。(すみません、私もうアラフィフなんですけどー)
子供の好きなものっていつまでも忘れないものなんですね!

 

学校で休み時間に友達と隠れてチョコレートやら飴やら。

お昼前➡空腹と眠気に耐えられずお弁当を早めにいただきまーす(時々ね!女子高だったのでこれが粋だと思い込んでた。)

昼食➡お弁当がない!食堂でうどんか購買で焼きそばパンとかを買って食べる。

部活

下校時➡肉まんを2個くらい

下校後夕食までの間➡お母さんが大きなお鍋にフォンドボーディナーカレーを作ってくれてる!味見と称して一食

夕食➡再びカレーを三杯くらい。

こんな感じで体重が60キロいってなかったのはやはり代謝がよかったし部活で毎日泳いでいたからでしょう。

高校三年生、あー、また魔の受験シーズン到来です。