さらば!ダイエットリピーター

失敗から学んだ本当のダイエット

低糖質ダイエットブームでダイエット病を再発

いつの間にかいっぱしの中年体型に

40歳にもなると代謝は落ちるのに動くのが面倒になり「いかに動かなく済ませるか」が大事になっていました。

口寂しくてちょこちょこと高カロリーな無意識カロリーを摂取しているのに「そんなに食べてないのに痩せない」

ぽっちゃりの人のおきまりの台詞です。

私も例外ではなく、街中でうっかりガラスウィンドウに映り込んだ自分の姿は「なかった」ことに。体重なんて最後に計ったのはいつだっけ?の状態です。

こどもが小さいときは50キロと少しくらいだった体重は久々に計ると59キロにまでなっていた。

それでも「二度とダイエットはしない」

若いころの苦い思い出は忘れていませんでしたが…

 

きっかけは低糖質ダイエットブーム

空前の低糖質ダイエットブームが来ました。

右も左も糖質制限です。ご飯を食べるなと言っているようなものです。

でも、うちの旦那さんがこの糖質制限を始めて、90キロあった体重が75キロまで落ちたんですよ。

!!!!え?

めちゃくちゃ負けず嫌いな私は、自分にいつも甘かった旦那さんが痩せたことが私のダイエットスイッチを入れてしまったのです。

もちろん旦那さんは私が昔ダイエットでものすごくつらい思いをしたことは知りません。その後に知り合ったので、私=ちょいデブ なのです。

負けてられない!

アラフォーにしてダイエット病の始まりです。

とにかくYES or NOの性格なのでやると決めたらのめり込んでしまいます。

糖質が悪魔になりました。

炭水化物は一切食べなくなり、食事の量も制限しだして、多分1日の摂取カロリーが基礎代謝量を大幅に下回っていたと思います。

気が付いたら体重は59キロから43キロまで減っていました。

元気もなくなりました。

当然です。栄養失調状態です。すぐに低血糖になり、あるときは昼食を食べるお店を車で探していた時になかなか決まらず車中で低血糖になり子供に飴を口に入れてもらったこともありました。

だめだ。これではまた悪夢の繰り返しになる。

そう頭の中ではわかっていました。